豊胸手術なら値段を事前に調べる【平均相場がわかる】

なりたい胸になるために

適切な術式を選びましょう

バスト

豊胸手術は胸にコンプレックスを持つ女性のための胸を大きくする美容整形手術です。
豊胸手術はいくつかの術式に分かれており、値段も異なります。
自分のなりたい胸の理想を鑑みて、適切な術式を医師とのカウンセリングを通して決定します。
豊胸手術に対する基礎知識を深めることで、医師とのカウンセリングを充実させ、より自分の理想の胸に近づく手助けとなります。
豊胸手術の術式の中でも、日本人女性が最も多く選択しているのは脂肪注入法です。
脂肪注入法は、自分の胸以外の脂肪が気になる部位から脂肪を吸引して、それを胸に注入する術式となります。
自分の脂肪を使うため、見た目も手触りもナチュラルで、脂肪の気になる太ももやお尻の部分痩せも同時にできるため、脂肪吸引の分の値段は張っても人気の術式となっています。
他にはヒアルロン酸注入法があります。
ヒアルロン酸を胸に注入するというシンプルな術式で、体への負担が少なく、値段も比較的安く抑えられるというメリットがあります。
もう一つ、代表的な術式としてシリコンバッグ挿入法があります。
なりたい大きさや触り心地に合わせて選択されたジェル状のバッグを、胸に挿入します。
外科手術となるため上記二つの方法に比べれば値段は高くなってしまいますが、一度の手術で大幅にサイズアップすることができ、元に戻る心配はありません。
永続的な効果が期待できることを考えれば、妥当な値段だと言えます。
なりたい胸の大きさによって同じ術式でも大きく値段が異なるため、一概には言えませんが、高い順にシリコンバッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法となります。

種類と料金

胸

バストアップをしたい人には豊胸手術を受けることをおすすめします。
理想のバストを手にすることができるからです。
しかしながら、豊胸手術の値段はどのくらいかかるのか気になるところです。
また、豊胸手術には種類があって、その種類ごとに値段も異なります。
ここでは、豊胸手術の種類ごとの特徴を紹介しながら値段にも触れていきます。
まず、もっとも一般的なほう今日手術は脂肪注入法です。
自身の体の余分な脂肪を吸引して、それをバストに注入するというものです。
アレルギー反応が起こりませんし、非常にリアルな脂肪を再現することができます。
値段の相場としては500000円から1200000円程度です。
値段に幅がありますが、これは吸引した脂肪をどのように加工するかが関係しています。
また、同じくリアルなバストを実現する豊胸手術としてヒアルロン酸注入があります。
これはヒアルロン酸をバストに入れるだけでいいので、比較的お手軽に受けられる施術法です。
相場は200000円前後です。
さらに、従来からあるシリコンバッグの豊胸手術もあります。
さまざまな種類のシリコンバッグをバストに挿入して胸を大きくする施術法です。
一度入れると半永久的にバストの大きさを維持することができます。
ただし、経年変化がありますので、定期的にメンテナンスをする必要があります。
値段の相場としては、700000円前後かかります。
このように、種類ごとに豊胸手術の値段は違うので、ぜひ自分に合ったものを選びましょう。

お悩みなら一考の価値あり

バスト

整形手術が一般的になり、誰もが美容の一環として整形を考えてもおかしくない時代になりました。
特に、豊胸手術は顔にメスを入れる整形と異なり、心理的な抵抗もだいぶ小さいのではないでしょうか。
豊胸手術には、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンバッグを入れる方法の三つがあります。
ヒアルロン酸注入の方法の場合、大体1カップアップが限度となります。
しかし、手軽で短時間での施術のため、特に準備は必要ありません。
傷痕も分かりづらく、デスクワークなら翌日にでも出勤できるでしょう。
値段も比較的安価なことが多いです。
もっとも、ヒアルロン酸は吸収されるため、効果の持続は1年くらいとされています。
豊胸手術に脂肪注入を選択した場合、術後4、5日は休む必要があるためそれなりに心の準備や仕事の調整が必要でしょう。
また、比較的柔らかい触感の胸が手に入る豊胸手術とされています。
値段は35万円から90万円が相場です。
シリコンバッグを入れる方法を採る場合、確実に希望の大きさにでき、トラブルが生じても取り出せるというメリットがある反面、術後の痛みが少しあるため、この点において心の準備が必要でしょう。
値段は数十種類あるシリコンバッグの種類によって、25万円から120万円と相場も大きく異なります。
手術を申し込む際に気をつけたいのは、安価な値段で集客して、実際は高い施術を勧められる場合があることです。
もちろん、個人の体質により安全性等考慮した上で、提案は妥当なこともあります。
なので、カウンセリングをしっかり受けて、よく考えてから治療を受けるようにしましょう。